最新情報&更新情報

 2018.8.12 福祉労務ナビゲーションVol.35をアップしました!
 2018.7.12 福祉労務ナビゲーションVol.34をアップしました!
 2018.7.3  「福祉・介護事業所の労務管理・人材育成セミナー 2018 Part1」
       を開催しました!


 2018.4.1  料金表を最新版に更新しました!


 労務顧問(アドバイザリー顧問)など、契約形態はご相談に応じます!
  詳しくは料金表のページをご覧ください。
 
  ブログは随時更新中!(最終更新:2018.8.8)


福祉・介護事業所のベストパートナーとして

いま、福祉・介護の分野で最も大きなテーマは「人」です。
どんなに立派でキレイな建物を作っても、どんなに最新の設備をそろえても、
そこで働く
「人」が生き生きとしていなければ、魅力的な施設・事業所にはなりません。

当事務所は、福祉・介護事業所の人事労務、人材育成のお手伝いを通して、職員がやりがいを持って働ける職場づくり、そして
利用者に信頼され、地域に信頼される事業所づくりを全力でサポートします。

福祉・介護事業所に社会保険労務士が必要なワケ

社会保険労務士は、労働・社会保険、人事・労務管理の専門家です。
経営の三大要素「ヒト・モノ・カネ」のうち、
「ヒト」に関する専門家だとされています。

現在、福祉・介護サービス事業所には、「人」に関する課題が山積しています。
慢性的な人手不足、減少しない離職率、採用しては辞め、採用しては辞め、の繰り返しで、職員の成長もままならない。
また、職員採用や退職に伴う労働・社会保険関係の事務手続きに膨大な時間をとられ、経営者のみなさんが本来の事業所経営に専念できていない状況も見受けられます。

そんな状況を打破するために、社会保険労務士は、労働・社会保険の手続きを請け負うことはもちろん、就業規則の見直しや、人事考課制度の導入、職員育成のための仕組みづくりなど、さまざまな方法を経営者のみなさんとともに考え、
よりよい事業所経営をトータルでサポートしていきます。